酵素のはなし

1
生き物は〝酵素〟があるから生きていられるのです!

〝酵素〟とは、私たちの体内で化学反応を起こさせるために、触媒の役割を果たす「たんぱく質分子」のことで、次のような働きをします。
〝酵素の働き〟は私たちが食べた食物を消化し、食べ物から栄養素を抽出し体内に吸収させ、さらにその栄養素を使って筋肉を動かしたり、呼吸をしたり、細胞の新陳代謝を行ったりといったすべての生命活動に関係しています。
すべての生き物は〝酵素〟があるから生きていられるのです。

2
生野菜や果物、発酵食品で〝酵素〟を補給しましょう

酵素には、体内で作られる〝体内酵素〟と食物に含まれる〝食物酵素〟があります。
〝体内酵素〟は健康維持のための〝代謝酵素〟と食物を消化する〝消化酵素〟の二つとして利用されますが、一生に作られる酵素の量は決まっていて、年齢を重ねるごとにその量は減少します。そのため暴飲暴食などで〝消化酵素〟が多く使用されると、健康維持のために〝代謝酵素〟として利用できる酵素の量が減少します。
消化のための酵素は「生の肉や魚、生野菜や果物、発酵食品」などに多く含まれています。食品に含まれる酵素を多く摂るようにすることが大切です。

3
酵素を含まない食品ばかりだと〝潜在酵素〟が不足します

体内の酵素不足を防ぐためには、食べものに含まれる〝食物酵素〟を積極的に取り入れることが効果的です。
酵素は多くの食材に含まれています。しかし、熱に弱くおよそ50度の加熱で働きを失うため、煮たり焼いたりした食品からは酵素を摂取することは難しいです。
また、保存料などの添加物や化学調味料、人工甘味料などは、分解するための〝消化酵素〟を大量に使うため、酵素不足の解消には逆効果です。
そのため生野菜や果物、生肉や生魚など加熱・加工をされていない生鮮食品や、無添加の味噌や納豆などの発酵食品を多く摂取することが必要なのです。