くわ茶の美容成分・栄養成分

■美容を気にする人にも最適

美容の意味は肌を美しくすることだけではありません。内臓機能を維持させて健康を増進することも美容の一環です。なぜなら、不健康な状態で高級スキンケア用品を使用しても、なかなか肌の状態は良くならないからです。肌状態というのは日ごろの食生活がそのまま影響してきます。
三升くわ茶には1-デオキシノジリマイシンが含まれており、これはくわの葉独自の成分として知られています。糖質の分解を抑制し、血糖の上昇を遅らせてくれるのです。そのため、年々血糖が気になってきている方にも『三升くわ茶』はおすすめです。習慣病の中でも糖尿病は非常にやっかいで、肥満を招く要因にもなります。三大成人病を気にしている方、血液を安定させることに役立ていただければ幸いです。

<ビタミン・ミネラル>

人体の機能を正常に保つために必要なビタミン・ミネラルが豊富です。カロテン(ビタミンA)はホウレン草(生)の約5倍、酸化を防ぐ作用の高いビタミンEは落花生(生)やモロヘイヤ(生)の約5倍、この他B1、B2、C、も含まれております。また不足すると不調が起こる可能性があるマグネシウム、カリウム、鉄、ナトリウムなどの必須ミネラルも豊富です。

 

<DNJ(1-デオキシノジリマイシン)>

くわの葉に含まれる特有の成分1-デオキシノジリマイシンには、小腸で糖類の分解を抑えて糖質の吸収を抑制し、糖尿病の改善にも期待が持てます。